チームのユニフォームを作る

サッカーチームで練習試合することになったなど、ユニフォームを作成したくなることがありますよね。そんな時にはサッカーユニフォーム作成の専門業者に依頼しましょう。専門業者ではどのような流れでユニフォームを作成するのかやデザインの考え方についてまとめています。

ユニフォーム作成の手順

ユニフォームを決定

サッカーユニフォームと言っても沢山の種類がありますので、その中からチームのイメージに合ったものを選びましょう。有名メーカーのものや有名クラブのレプリカ等も選ぶことができます。

マークやエンブレムを決める

マークやエンブレムをカスタマイズして入れることができます。好きな色や字体を選べますし、エンブレムはオリジナリティ溢れたデザインを入れることも可能です。また、有名クラブのレプリカも入れられます。どちらにするかはチームのセンス次第ですね。

その他のデザイン等の相談

マークやエンブレムが決まったら、業者と細かく相談をしていきます。マークやエンブレムの位置など、とことんこだわることもできますよ。

振込・発送

デザインが全て決定したら、代金が決定しますので、振込をします。この時点までにメンバーからユニフォーム代を集金しておきましょう。振込が完了すると発送されます。

サッカーのユニフォーム

かっこいいサッカーユニフォームを作成するなら

かっこいいユニフォームにするためにはデザインが重要です。サッカーユニフォームを作成する業者では様々なデザインを取り扱っていますが、選ぶものによって印象はかなり変わります。どうやって選んだらいいか迷ってしまった時にはまず、メインカラーを決めることをおすすめします。チームの雰囲気から決めるのも一つですし、好きなチームや目標とするチームを真似しても構いませんよ。また、決まったチームカラーがあれば、そこをベースにして考えるのもいいですよ。また、最近ではシンプルなデザインでシルエットや着心地を重視するチームも多いそうです。スマートに着こなしたいチームにはおすすめです。また、エンブレムでオリジナリティを出したいという時にはデザインの相談に乗ってくれる業者もありますので探してみましょう。

エンブレムやマークは自由自在

ユニフォームにつけるエンブレムやマークはチームの個性を出す重要なポイントですが、自由自在にカスタマイズできるのもポイントです。まず、マークのサイズも自由に変えられます。基本的には見やすいサイズになっているはずなので、変えたい場合は相談してみましょう。また、マークがいらないという場合も可能です。業者によっては割引の対象になる場合があります。また、個人の名前を入れるのも大丈夫です。一般的なのはアルファベットですが、カナや漢字が可能なところもあります。また、エンブレムは好きな場所につけられますので、個性を演出できます。イラストを基本に作ってもらえますが、後で「こんなはずじゃなかった」と思わないためにもサンプルを送ってくれる業者を選びましょう。テンプレートもありますが、全て手書きのイラストから作ることもできますよ。

広告募集中